• bitFlyer ビットフライヤー

Skype前COOが語る、ブロックチェーンが2016年の成功を握るカギとは(2)

In ニュース
February 18, 2016
March 1, 2016
0 Comments
1251 Views

close up of hands with tablet pc and bitcoin

前SkypeのCOOで、現在はMangrove Capital Partners社のベンチャーキャピタルやBlockchain社の役員としても活躍するMichael Jackson氏は、2016年のブロックチェーンの可能性について言及しました。

Michael Jackson氏によると、技術革新を起こす可能性を秘めているブロックチェーンを広めるためには、お客様を喜ばせるサービスやソフトウェアの開発が必要不可欠で、現在は徐々に広がりつつある状況にあると述べています。

Michael Jackson氏は「なかなかブロックチェーンのソフトウェア開発や、進歩がなかなか進まない中、とても貴重な事実があります。

それは、7年間、24時間365日バックエンドシステムが動き続けても、異常が起きたという話を聞いたことがないことです。ブロックチェーンは自身の強靭さを証明しました。」とコメントしています。

Studio shot of golden Bitcoin virtual currency on laptop. Close-up of front side.

ビットコインの主要サービスでのユーザ数の増加は目まぐるしく、この12か月間で、ビットコインネットワークのハッシュレートは3倍の650,000,000GH/s以上になりました。

公的に取得したデータによると、1000万以上のビットコインウォレットがあると言われています。
この統計はおそらく、取引のボリュームから来るものだと考えられますが、1日あたりの取引数は80,000回から200,000回以上の取引と、大きく上昇しました。

今年はプラベートとパブリックチェーンの対談を多く耳にしました。これらの対談はとても大切で、競争によってビジネス上の目的に合うテクノロジーを見つけることができるでしょう。

私が役員を務めるBlockchain社では、ブロックチェーンがデジタル取引の基礎として働くと固く信じております。

ブロックチェーンは、何年も動きつづけていて信頼できる唯一の最先端技術で、長期的に見るとオープンプロトコールが時代を生き抜くと思っています。

マイナーの方々によって提供されているその独立性と信頼性はプライベートブロックチェーンで再生産することは出来ません。

しかし、2016年の成功を握るのは企業がどのように複雑なビットコインをひも解き、来る1億人のディリーユーザに利便性を提供できるかです。大きな課題に思えるが、Snapchat, Facebook, Twitter, Skype, Kazaaなどの時代を先取るサービスではすでに成功しています。

ビットコインの普及にとってそれが我々の次なるゴールです。そのためには、まだ不明瞭でニッチな商品では達成しえないでしょう。

参考:
Bitcoin’s Big Challenge in 2016 Reaching 100 Million Users

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で