• bitFlyer ビットフライヤー

ビットコインの最新研究事情

In ニュース
12月 9, 2015
3月 2, 2016
0 Comments
2065 Views

shutterstock_260188916

各国で普及が進むビットコインやブロックチェーン技術の研究開発。今回はイギリスやスコットランドで準備が進む、研究の最新事情を紹介します。

イギリスのFintech支援NGOがブロックチェーンテクノロジー研究施設を新設

shutterstock_171428825

Fintechを支援するロンドンのNGO「イノベイト・ファイナンス」はブロックチェーンの可能性を調査し、金融機関による受入を促進するため、ブロックチェーン研究施設を新設しました。

この施設はFinTech分野においてイギリスの地位を高めることを目的に、ハートリー・センターと共同で設立されました。ハートリー・センターはイギリス政府とIBMが協力して設立した、高性能コンピューティング・データ分析研究所です。

イノベイト・ファイナンスのCEO、ローレンス・ウィンターマイヤー氏は以下のように述べています。

「この研究施設で金融サービスにおけるブロックチェーンのオープンスタンダードを開発できれば、この革新的なテクノロジーが幅広く受け入れられるための一歩を踏み出すことになるでしょう」

ブロックチェーン研究施設は10月に開設され、第一弾のプロトタイプは年内に開発予定です。

ラボは、アンチ・マネーロンダリングや本人確認(KYC)ガイドラインの改善など、分散型台帳の実践的な試みを発展させていくことを目指しています。
2014年の設立以来120人以上のメンバーを惹きつけているイノベイト・ファイナンスはブロックチェーンテクノロジー研究設備を開設した一番新しい組織です。

今年初め、スイスの投資銀行UBSはロンドンを拠点とした独自のロックチェーン研究所を新設すると発表しました。

民間シンクタンクが「スコットランドは自国のデジタル通貨を作成すべきである」と提言

nef

スコットランドは自国のデジタル通貨、”ScotPound”を作成すべきであると独立系シンクタンク「New Economics Foundation(NEF)」は提言を行いました。
NEFは作成した報告書の中で、デジタル通貨を導入することは数えきれないほどの社会的、経済的な利益をもたらすと指摘しています。

NEFは「スコットランドは新たなデジタル通貨や決済システムを作成することに完全に適しています。このスキームは地方経済を刺激し、規模の小さい企業に公平な競争の場を提供し、すべての市民にとっての社会的公平を支援するでしょう。」と述べています。

スコットランド市民が一人あたり250ScotPoundの配当金を受け取ることをこの報告書は提案しており、またこの費用は英国の赤字に追加されず、決済インフラのコストは300万ユーロ程度の「低いコスト」であるだろうと主張しています。

決済はテキストメッセージやモバイルアプリを通じて行われますが、対象者である全市民を確保するために、そのようなことができない人、したくない人のために音声認証システムが作成されるとしています。

多くのスコットランド人は独立することで、英貨を失う結果になることを恐れていたため、スコットランド独立国民投票のキャンペーン期間中、通貨に関するトピックはしばしば話題になりました。

将来独立の議論を行うとき、ScotCoinを成功させることで、英貨を失う恐れによる過度な影響を十分に軽減することができるだろうとシンクタンクは断言しています。

「金融イノベーションの大きな経済的、社会的潜在性を強調する時、次の独立国民投票があろうとなかろうとスコットランドの市民や政党が、ScotPoundについて議論し考えることを期待しています」

記事:

Innovate Finance to Open Blockchain Tech Research Lab

Think Tank- Scotland Should Create its Own Digital Currency

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で