• bitFlyer ビットフライヤー

2015年、ヨーロッパでビットコインがVAT(付加価値税)対象外に

In ニュース
1月 21, 2016
3月 1, 2016
0 Comments
1337 Views

European National Flag City Light Night Bokeh Background 3D

2015年10月最終週、欧州裁判所がビットコイン取引を付加価値税(VAT)から免除することを決定しました。
裁判所は、ビットコインでの支払いをヨーロッパにおける正当な支払方法として認め、他の通貨と同じ分野に分類しました。

Juliane Kokott氏は、ビットコイン販売および購入に課税することを避けた方が良いと一つの意見として述べました。ヨーロッパの最高裁判所が最初にビットコインの課税について触れたのは、2014年の6月のことです。

スイスの税務局が、フォーラムオペレータであり、当時はビットコイン証券会社を創立しようとしていたDaniel Hedqvist氏との紛争が起きた後に、デジタル通貨を付加価値税(VAT)から免除することを訴えた裁判の中で言及されました。

これは結果として、ヨーロッパのビットコイン事業者達にとって、良い方向に傾きました。事業者達は「この裁判の結果は、デジタル通貨を買う方にも、売る方にも良い方向に転じ、技術全体にも大きな影響を与えるでしょう」と語っています。

免税措置はビットコインにとって大きなターニングポイントになる

この出来事を、ヨーロッパにおけるビットコインでのターニングポイントと見ている事業者がいます。

ポーランドを拠点にしているBitcurexのCOOであるFilip Godecki氏は「付加価値税免除の判断は、デジタル通貨需要の障壁を低くし、大きな取り組みができるようになるだろう」と推測したうえで、「この裁判の結果は、ペイメントというデジタル通貨の主要な機能に有利に働き、EUでのクリプトベイメントの開発やビットコインエコシステムなどの弾みになると思います」と語っています。

また、BitstampのCEOであるNejc Kodric氏は、「この結果は現在進行形であるデジタル通貨経済に対して、透明性と法的な確実性をもたらすことになるだろう」と意見を述べました。

そしてNejc Kodric氏は続けて「Mr. Hedqvistに感謝です。EUの顧客を持つ全てのビットコインビジネスに関連する方は、国内もしくはEU圏内で、 付加価値税の規則に関する問題で毎回悩まなくて済むことになりました」と語っています。

LocalBitcoinsの創業者であるNikolaus Kangas氏は、「ビットコイン取引の付加価値税を免除するという判断は、ビットコイン全体にとって大きなターニングポイントです。このルール下では、明らかにビットコインが合法であると言っているようなもの、新たなステップになります」とコメントしています。

また、Paymiumの副創業者のPierre Noizat氏は「まだ、当社は付加価値税免除の判決が出された、今回の結果の意味を探っていますが、この判断は良い方向になっています。

まず、ビットコイン取引・ベイメントソリューションのプロバイダとして、取引の内容が明確になる一歩になりました。これはリスク不確実性を低減することになります」と語りました。

ヨーロッパでのビットコイン関連のスタートアップ企業を後押し

CoinffeineのCEOであるAlberto Gomez Toribio氏も「ビットコイン関連のサービスや商品開発を望んでいる企業にとっては、この付加価値税免除の判断により、ビジネスしやすい環境が整いました」と、ビットコイン事業者の一人でもある彼は語りました。

一方、CEX.ioのチーフリーガルオフィサー、Victoria Polyakova氏は、「まったくもって当然で、予想できたことです。裁判所の正式な発表により、ビットコインにとってEUエリアは、東ヨーロッパや中央アジアに比べて、以前より良い環境になりました」と語っている。

ShapeShiftのCEOである Erik Voorhees氏は「この付加価値税免除の判決によってヨーロッパは、新たなテクノロジーや、そのテクノロジーを使いたいビジネスを活かすポジションに立つことになるだろう。

この付加価値税免除の判決によって、これまでアメリカ中心だったデジタル通貨のイノベーションの中心が、ヨーロッパ圏に動きます」という意見を述べました。

参考:
European Exchanges React to Bitcoin VAT Exemption

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で