• bitFlyer ビットフライヤー

ポーランドの病院でビットコイン支払いが可能に

In ニュース
12月 11, 2014
3月 3, 2016
0 Comments
1269 Views

samune

ビットコインによる支払い対応は、ECやITなどの業界で浸透していますが、今後、医療機関でも支払い対応が広がっていきそうです。

中央・東ヨーロッパ地域の10ヵ国にグループ会社を持ち、ポーランドを中心に医療分野のリーディングカンパニーとして活動するMedicoverグループが、治療費のビットコイン支払いに対応予定です。

医療機関でのビットコイン支払い

ポーランド・ワルシャワにあるMedicoverグループが運営する私立病院で、試験的に施設内にビットコインATMが設置される予定で、近い将来ビットコインによる治療費の支払いが可能になります。

医療機関でのビットコイン支払いは、既に世界中のクリニックや医師の間で限定的に採用されています。Medicoverによれば、主要な手術を含む幅広い医療サービスに対してビットコインでの支払いが採用されることは本病院が初めてです。

ビットコインの導入に携わったスタッフであるMarcelina Szyszka氏によれば、現在のところビットコインの支払いサービスはワルシャワのウィラヌフ地区の病院にのみ採用される予定だということです。

しかし、本サービスが好評の場合はその他のMedicoverセンターにサービスを拡大する可能性もあると考えています。

ビットコインの料金表

Medicoverでは、既存の患者さんだけでなく、新規の患者さんのために透明な料金体系を確立させることに焦点をあてていくと、Medicoverグループ病院部門長のTucson Dunn氏は語っています。

医療分野でのビットコインサービスについてMedicoverの病院が特化していることは、全ての治療方法に対するビットコインの料金表を作成したことだとDunn氏は語ります。

またMedicoverグループは、世界中の100以上の保険会社で採用されているInternational Diagnosis Resource Grouping (DRG)の料金表の開発を先導して行った過去があります。

Szyszka氏とDunn氏が仕事を進め、International DRGの料金表をビットコインの料金表に変換し作成した料金表BTC-DRGは、国際的に初めてのビットコイン医療料金表であると、Dunn氏は述べています。

終わりに

ビットコインでの支払い用途はまだ多くはありません。しかし以前紹介したように、著名なECサイトや大学のキャンパス内での使用など、その用途は徐々にではあるのもの確実に拡大しています。

今回のMedicoverという医療分野のリーディングカンパニーがビットコインを受け入れたことで、この流れはより一層、拡大していくのではないでしょうか。

参考記事:
http://www.coindesk.com/patients-can-pay-surgery-polish-hospital-bitcoin/

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で