• bitFlyer ビットフライヤー

台湾ファミリーマートでビットコイン支払可能に(2)

In ニュース
January 29, 2016
March 1, 2016
0 Comments
1511 Views

shutterstock_195185219

2015年の10月、台湾のファミリーマートは、台湾に拠点を置くウォレットプロバイダーのBitoEXとの契約を締結し、この後台湾国内にある約3000店舗でビットコイン支払いの受け付けを開始しました。

「ファミポート端末」からビットコイン決済により、ファミリーマート各店舗で使えるキャッシュクーポンが購入でき、現在年間30%の成長率で市場が拡大しているとのことです。

今後も台湾国内でさらなる事情展開が予想されるビットコインですが、現在ビットコインのニーズ拡大を支えているのは意外な人々でした。

ビットコインは台湾のゲーマーに大人気!実に顧客の40%を占める

shutterstock_297012785

BitoEX のChiang氏は「BitoEXのユーザー基盤の重要なセグメントはゲーマーで、顧客全体の40%を占めています。ゲーム好きなユーザーが、Steam、Big FishやPokerStartといった国際的なプラットフォームからビットコインを使ってゲームの購入や、ゲーム内課金を行っています」と言及しました。

ゲーム好きなユーザーのなかには、クレジットカードを持っていない人もいます。台湾国内の至る所にあるコンビニエンスストアや支払い端末での代金支払いは、ゲームの決済時に必要になるクレジットカードを手に入れるよりも簡単な方法であるため、実際にゲームフォーラムにおいて、議論されたこともあります。

台湾国内の至る所にあるファミリーマートに現れるのはゲーマーです。通常は真夜中、長時間ゲームをプレーする前のわずかな時間、ソフトドリンクやスナックを買い求めるためにファミリーマートに立ち寄ります。

時にはゲームを進めるためのクレジットを求めてファミリーマートに立ち寄った場合には店頭でのビットコインを使った支払いで事が足りることもあります。

Chiang氏は「私たちは多くの取引が真夜中に起こっていることに気づき、興味を持ったことから、彼らがゲーマーであることを知りました。時には彼らが『ビットコインをください、急いでいます。今ゲームの途中なんです!』と言うこともあるでしょう」と言及しました。

BitoEXは「次の大きな顧客は、ビットコインを送金に使う投資家や投機家です」と言います。BitoEXは、中国本土に本拠を置く取引所であるOKCoinの交換レートを、自社の取引に使用しています。

参考:
Bitcoin’s Winning Shoppers in Taiwan With This Retail Giant’s Help

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で