• bitFlyer ビットフライヤー

ビットコイン週間概況‐5/6~5/12

In コラム
5月 14, 2016
1月 18, 2017
0 Comments
8406 Views

日本円 米ドル
価格(5/12終値) 49,488円 455.17米ドル
時価総額 7,689億円 71億米ドル
5/6~5/12の4本値
始値 高値 安値 終値
48,310円 50,199円 48,093円 49,488円

bitcoin_chart_may13

週間概況と最近の話題

現在、ビットコイン価格は、これまでの中で最も方向感のない値動きになっています。しかし、最近の世界主要市場のリスクに対する見方が急転換しているため、ビットコインは静かに立ち直り始めています。 ビットコイン価格が50,000円水準を試していることはわかっていて、数か月間この価格帯は上値抵抗線になっていると見られています。来週中にこの抵抗線を突破する可能性があるかもしれません。

 今年の値動きを俯瞰しながら見返すと、1月の後に開発者コミュニティの分裂騒動が起こり、ここ最近ではオーストラリア人の男性Craig Wrightがビッドコインの創設者であると大々的にメディアに取り上げられていました。そのような中でも、2016年を通してビットコイン価格は上昇しています。

 先週、Craig Wrightは予想通り自分がビッドコイン創立者サトシ・ナカモトである事の証拠を提示しませんでした。代わりに「ごめんなさい」とブログに書き込みました。彼は「何年もの匿名性と隠蔽を続けられると思っていた」と述べました。彼はさらに「初期の鍵へのアクセス証明を公表する準備をしていたけれどあきらめました。私には勇気がありません。できません」とも続けました。

これに対して2つ言える事があります:
1) 市場は彼の発表から、実はそれほど影響を受けていない
2) Craig Wrightが起こしたメディアでの見世物はもっと重要なものから注意を逸らした-それはつまり、その週で開催された2回目のコンセンサスサミットです。

コンセンサスサミットという言葉を初めて聞く人のために説明すると、コンセンサスサミットとは、2日間半にわたって、ブロックチェーン技術で何が起きているか明確にすることを目的として、利用者と企業の両方に対して実社会への適応をどう作り上げるかに焦点を当てるイベントです。

そしてこれはビットコインがその根幹技術であるブロックチェーンと比較し、どの程度重要である勉強する機会でもありました。コンセンサス2016では国をまたぐ決済、スマートコントラクト、行政、セキュリティ、身分、IOT、そして様々な分野や業界に於いてのブロックチェーンの適応例や分散型台帳について基調講演やパネルディスカッションが行われました。

ニューヨークで開催されたイベントは満席となり、1300人の参加者は数百の企業の社長、政策のリーダー、そして決済サービスとその技術役員などで構成されていました。

2日半の間、多くの興味深い告知や発表がなされました。イベントの中でも大きなニュースとしては、デラウェア州知事Jack Markellが新しい企業を登録するための費用や書類作業の負担を効率化するための試みとしてブロックチェーン技術の導入を考えていると表明したことでした。

そして元アメリカ財務省長官Larry Summersも仮想通貨とブロックチェーンの展開について述べ、大変興味深いやり取りでした。

これらの事例に見られるように、著名な人たちが公式にビットコイン、ブロックチェーンあるいはその両方について前向きな意見を表明し始めています。興味深い展開につながるのは間違いありません。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2016/5/12(基準日) 49,488円
2016/5/11(1日前) 49,321円 167円 0.34%
2016/5/5(1週間前) 48,313円 1,175円 2.43%
2016/4/12(1ヶ月前) 46,619円 2,869円 6.15%
2016/2/12(3ヶ月前) 43,853円 5,635円 12.85%
2015/11/12(6ヶ月前) 41,510円 7,978円 19.22%
2015/5/12(12ヶ月前) 29,698円 19,791円 66.64%

Prices provided by bitFlyer

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で