• bitFlyer ビットフライヤー

ビットコイン週間概況‐5/20~5/26

In コラム
5月 30, 2016
1月 18, 2017
0 Comments
814 Views

shutterstock_260188916

週間概況と最近の話題

先週のビッグニュースは、「仮想通貨法」が成立したことです。

Mt. Gox倒産時の状況に比べて、現状は劇的に変わっています。日本ではビットコインとそれを支えるブロックチェーン技術に対して積極的な取り組みが進んでおり、日本の個人投資家はゆっくりではありますが、確実に仮想通貨に対して興味を持ち始めています。

Mt. Goxの倒産はビットコインの悪いイメージに大きく影響しました。何よりも、第一印象は重要であり、一度何かの印象が植え付けられると、それを変えるのは非常に困難となります。初めてビットコインを知る機会が取引所の倒産であった日本の場合がまさにこのようなケースでした

早期の規制に関する取組みは、日本をデジタルアセット分野の先駆者にしますが、他に何が期待できるのでしょうか? もし取引所がますます大きくなるのであれば、株式市場への上場も検討されるかもしれません。新しい規制は、悪意ある団体が市場に入ってくることを防ぐこともできるかもしれません。
 さらに、取引所は破産を避けるため常に引当準備金を持つ必要があり、また、自己と顧客の資産を常に分けておく分別管理が要求されます。これはMt. Goxがまだ稼動していたときにできていなかったことです。

これが施行されれば、日本の大企業や投資銀行、ヘッジファンド、そして増え続ける市場参加者が業界を活性化し、ビットコインなどの仮想通貨の使用をさらに促進させる可能性があるのではないでしょうか。

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で