• bitFlyer ビットフライヤー

ビットコイン週間概況‐3/31~4/6

In コラム
4月 7, 2017
4月 10, 2017
0 Comments
1858 Views

Prices provided by bitFlyer

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

日本円 米ドル
価格(4/6終値) 130,810円 1,179.90米ドル
時価総額 21,268億円 192億米ドル
3/31~4/6の4本値
始値 高値 安値 終値
115,491円 131,960円 115,000円 130,810円

bitcoin20170407

週間概況と最近の話題

ビットコイン(BTC)市場はこの数週間上昇トレンドにあり、BTCへの信頼回復が最近の価格上昇に寄与していると思われます。その理由は、多くの取引所やプラットフォームがBitcoin Unlimited(BTU)の提案に同意しないことにあります。過去二回の記事で述べているように、BTUはブロックサイズの上限を撤廃する提案で、ユーザーからブロックサイズ変更へのコンセンサスを取って1MBのキャパシティ問題を際立たせようとしているのです。これはしばしばスケーラビリティ問題と呼ばれています。

現在の取引所におけるBTC取引ではブロックチェーン自体のデータ変更を伴わないので、ブロックサイズの問題にはなっていません。
最近の報告を見ると、多くのビットコインアナリストはBitcoin Unlimited(BTU)がこの問題の解決策には成らないとの意見で一致しています。一方SegregatedWithness(SegWit)はハードフォークに関連するリスクを排除しており、この代替的な選択肢は多数派の支持を得ています。同時にBrexitとトランプ政権への不確実性が金融市場への懸念となり、BTCの買い材料となっています。

グローバルマーケットでの出来事はBTC市場をサポートしており、目先大きく値を下げることは無く、従って短期的、中期的にも多くの投資資金が入ってくると思われます。

結論としてBTC価格は引き続き上昇トレンドを形成すると考えています。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2017/4/6(基準日) 130,810円
2017/4/5(1日前) 127,700円 3,110円 2.44%
2017/3/30(1週間前) 115,570円 15,240円 13.19%
2017/3/6(1ヶ月前) 148,553円 -17,743円 -11.94%
2017/1/6(3ヶ月前) 109,458円 21,352円 19.51%
2016/10/6(6ヶ月前) 63,883円 66,927 104.76%
2016/4/6(12ヶ月前) 47,335円 83,475円 176.35%
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で