• bitFlyer ビットフライヤー

ビットコイン週間概況 ‐ 3/4~3/10

In ビットコインニュース
3月 12, 2016
3月 15, 2016
0 Comments
1377 Views

日本円 米ドル
価格(3/10終値) 47,449円 415.80米ドル
時価総額 7,260億円 64億米ドル
3/4~3/10の4本値
始値 高値 安値 終値
48,719円 48,870円 45,052円 47,449円

Bitcoinchart_Mar11_2015

週間概況と最近の話題

ビットコインは週始めに僅かに下落しましたが、引き続き想定レンジ内で取引されていて最近は安定的な値動きとなっています。

ビットコインが仮想通貨であるという事だけで、依然として批判的なコメントは続いています。一部ではブロックチェーンのような技術革新は残るが、通貨としてのビットコインは残らないとの意見もありました。また、批評家の中には政府のビットコインの容認とその法規制について超えるべき障壁が多くあると述べる人もいます。

しかしこのような批判的なコメントは興味深いものでもあります。一般的に規制はネガティブな印象を与えますが、今回の規則はマネーロンダリングのような犯罪行為を監視し、将来的に投資家を盗難や詐欺から守るためにあります。これらの指針があってこそ、これまで身動きが取れなかった主流派が認め始め、投資銀行や大会社などの大物プレーヤーによる投資が継続されていくのです。

もう一つ覚えておくべき重要なことは、「ビットコイン週間概況2/12~2/18」で述べている通り、ブロックチェーンのスケーラビリティに関しての意見に明確な解決策がないことです。チェーンを分岐させるという解決策は完全に実施されるまでビットコインネットワークの75パーセントの同意が必要でした。解決策を提案するにはビットコインコミュニティ内の同意が必要ですが、ビットコインの中に中央集権的なものがないため、これに関してリーダーシップを発揮して議論する人もいません。

直面する問題があるにせよ、仮想通貨がすぐに消えるとは考えにくいです。ビットコインはすでに64億米ドルの時価総額があり、有能な頭脳や資源の幾つかがビットコインに集まっていると言われています。次に大きい仮想通貨イーサリウムは時価総額8億米ドル超で、ビットコインの市場シェアの約12パーセントにまで急速に伸び始め、市場の注目を浴びています。

通貨にとって最も必要なものは信用です。将来価値のあるものだという信用、そして人々が使いたいと思うようなものであるかどうかです。
ビットコインを取り巻く全ての問題にも関わらず取引数は増加し続けており、値動きも安定してきました。ビットコインの未来についてまだ強気になる理由はありそうです。

過去の価格との比較

日付 価格 価格差 変化率
2016/3/10(基準日) 47,449円
2016/3/9(1日前) 47,070円 379円 0.81%
2016/3/3(1週間前) 48,719円 -1,270円 -2.61%
2016/2/10(1ヶ月前) 44,772円 2,677円 5.98%
2015/12/10(3ヶ月前) 50,826円 -3,377円 -6.64%
2015/9/10(6ヶ月前) 29,350円 18,099円 61.67%
2015/3/10(12ヶ月前) 36,258円 11,192円 30.87%

Prices provided by bitFlyer

【執筆者】グレン・ランバート(Glenn Lambert)。ニュージーランド出身。2002年に来日し、英国を本拠とするADVFNの日本法人でマネージャーとして従事。FX,株式などの分析ツールのほか、著名レポートも配信している。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者及び当社は責任を負いません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で