• bitFlyer ビットフライヤー

現役ディーラーが語る!今週のビットコインの見通し(3/23)

In ビットコインニュース
3月 23, 2016
3月 22, 2016
0 Comments
1947 Views

今日からビットコイン/円(BTC/JPY)の見通しを解説する国府勇太と申します。協会認定のテクニカルアナリストでかつ現在ヤフーグループのYJFXで主要通貨のディーラーをしています。よろしくお願いします。

今週(3月21日の週)のビットコイン/円の見通しをテクニカル面から分析していきます。

ではさっそくチャートを見ていきましょう。
見るのは日足。

ビットコインその1

現在のチャートの形はシンメトリカルトライアングル

見ると現在ビットコイン/円はコンティニュエーションフォーメーションを形成。
これは保ち合いの型です。

ビットコインその2

一時的な休止状態を形成している状態で、次の動きに至る前の波動構成となります。

とくにこの形はシンメトリカルトライアングル(対象三角形型)といい、上値が切り下がる一方、下値も切り上がっています。これは売り方の勢力と買い方の勢力のバランスが拮抗しており、両勢力のどちらが勝つかその判断は難しいとされています。

ここでのポイントはこのフォーメーションが起こる前のトレンド。

ビットコインその3

その前のトレンドが上昇トレンドだったのでビットコイン/円のシンメトリカルトライアングル後はテクニカルの統計上、上に行く可能性が高いです。

テクニカル分析とは、過去のチャートデータの蓄積です。
統計学的にどちらの可能性の方が『高い』のか、を重視しておりもちろん勝率は100%ではありません。
この点ご注意ください。

ただ、FXの短期トレードにおいて、勝率を1%でも上げることは非常に重要です。
テクニカル分析はトレードに優位性をもたらすのでどんどん使ってみてください。

EMAを使ってみてみると

次に見るのは指数平滑移動平均線(EMA)です。

こちらはSMA(単純移動平均)よりも直近のプライスにウェートをつけたもので、非常に人気があります。
ちなみに、EMAの異なる期間の差を分析したものがアペル氏が開発したMACD。こちらもトレーダーに人気です。

一般に日足においては、パラメータを25日、75日、200日とするのが鉄板です。

ただ、こちらは1週間のうちマーケットが動いているのが土日を除いた5日間という考えが根底にあります。
1週間のうち7日間動き続けるBTCではよりよりパラメータがあるのかもしれませんので今後分析を重ねてきます。

ベーシックな上記パラメータでEMAをプロットした結果がこちら。

ビットコインその4

3本のラインがすべて収斂してきています。
つまり、トレンドができるのではなく、どんどん動きがなくなっている証拠です。

今後をまとめると

つまりマーケットの休止状態が続き、現在その最終段階にあります。
その後は、どちらかに再び動きだそうとしており、その行方をマーケットが注視しています。

トレードの戦略としては、動きだした方に『素直に』乗っていくのが正解です。

Fiatの通貨ぺアに比べ、ビットコインがらみの通貨ペアはボラティリティが高いです。
くれぐれもリスク管理に気を付けてトレードして下さい。

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で