• bitFlyer ビットフライヤー

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「暴落!ビットフィネックス事件後のマーケットをどう見る?」

In ビットコイン相場
8月 9, 2016
8月 9, 2016
0 Comments
2131 Views

今週(8月8日の週)のビットコイン/円の見通しを分析していきます。

では、日足チャートを見ていきましょう。

0808_bitcoin_1

先週を一言で表すと「マウントゴックス事件の再来」です。

多くのビットコイナーが恐れていることが再び起こってしましました。

香港に拠点を置くビットコイン取引所「ビットフィネックス(Bitfinex)」が、ハッキングを受け多くのビットコインが盗まるというニュースが発表されました。

ハッキングされた総額は11万9756BTCです(日本円で約72億円)。

これを受け、8月2日にビットコイン円の価格は暴落、8月1日の終値62,367円から最大約23%も下落し、一時47,990円をつけました。

しかしその後、週後半にかけてしっかり反発し60,847円でクローズしました。

今週の見通しは?

前回、8月が相場が荒れ「思ってもないプライス」でロングポジションを持てるチャンスがあると述べました。

今回、季節要因は関係ないものの、「ビットフィネックス事件」でそういったチャンスがさっそく顕在化しました。

チャート上、押し目(ディップ)が発生したわけですが、こういった場面で長期投資家はしっかり買えるかが重要です。

多くのビットコイントレーダーは、今回の問題が「取引所の問題であり、ビットコインそのものには影響がない」ということを認識できたはずです。
マーケットが悲観的になっているこういった場面でしっかりリスクを取れる人が大きな利益を手にします。

普段から押し目買いを推奨しているこのブログの読者なら今回の押し目は「絶好の買い場(もしくは買い増すタイミング)」と捉えられたものと思います。

チャートを見ても前回5月20日の安値まで大きく下落しています。

0808_bitcoin_2

「ビットフィネックス事件」を今後のトレードにどう活かすか?

「ビットフィネックス事件」で、今後「取引所リスク」がさらに重要視されます。

まずなにより大切なことは「どうトレードするか?」よりも「どこでトレードするか?」です。

Fiat通貨ペアのFX業界でもそうですが、2005年の金融先物取引法改正以前は多くの怪しいFX業者が消費者を食い物にしていました。
現在も海外の怪しいFX会社(未登録)が怪しげなキャンペーン(ナゾの多額の現金キャッシュバック)を行い、消費者を欺くトラブルなどが絶えません。

土俵に乗る以前のこういった問題で多くのトレーダーがつまづきます。

法整備がまだしっかりされていないビットコイン業界ですが、だからこそ国内のリクイディティ(流動性)があって信頼できる取引所でトレードを行うことをお勧めします(個人的にはビットフライヤーがおすすめです。僕も使っています。)

トレード以外の部分で、こういった損失を被るのは大変残念なことです。
取引所はしっかり選びましょう。

「まともな取引所でまともに稼ぐ」、これがなによりも大切です。

ビットコインは今日もしっかり動いている

最後に、今回の問題はあくまで「取引所リスク」の問題です。

ビットコインの「デジタル」な特性からくるネガティブなニュースはこれからもあると思います。
そういったニュースにマーケットが嫌気して「ストン」と落ちたポイントが実は絶好の買い場だったりします。

「ビットフィネックス事件」後の見通しも「買い」で変更はありません。
戦略は「押し目買い(バイオンディップ)」を推奨します。

現在のビットコイン円相場は、無理してショートポジションを持つ場面でもないです。
ショートならFiat通貨ペアで適したものがたくさんあるのでそちらの方がやりやすいです(最近だとドル円も下落トレンド)。
時間軸の短いスキャルピングやデイトレードならともかく、スイングや長期トレードでのショートはおすすめできません。

今週はお盆ウィークなので相場が一層閑散としそうです。
くれぐれも無茶なトレードは避け、チャンスでしっかりエントリーできるよう備えましょう。

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で