• bitFlyer ビットフライヤー

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円「話題のアメリカの9月利上げ説、ビットコインへの影響は?」

In ビットコイン相場
8月 30, 2016
8月 30, 2016
0 Comments
2235 Views

今週(8月29日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 

では、さっそく日足チャートを見ていきましょう。
bitcoin_1_0829
先週を一言で表すと「変化なし。いつみても58,000円台」です。

8月2日にBitfinex事件(香港の大手取引所Bitfinexがハッキングを受けビットコインが大量流出した事件)の下げから、大きく戻して以降、58,000円台にとどまっています。

「ボラティリティ(変動率)が高い」と言われるビットコイン円ですが、ここ最近は必ずしもそうとはいえない相場が続いています。

ちなみに、Fiat(法定)通貨のドル円では、先週金曜日に大きく動きだしました。

26日金曜にジャクソンホールでイエレンFRB議長がタカ派の発言をしたことを受け、年内の利上げ期待が高まり、ドル円が大きく上昇しました(ドル高)。
さらにフィッシャー副議長が9月利上げにも示唆しており、いままで「おそらくないだろう」といわれていた「9月の利上げ」が「あるかもしれない」というムードになりこちらもドル買いの大きな要因となりました。

いま、FXマーケットは「アメリカは、9月に利上げをするのか?」が主要なテーマになっています。

雇用統計がビットコインに与える影響

今週、金曜にアメリカの雇用統計(日本時間21:30)の発表がありますが、この結果は上記テーマ「9月の利上げ」に深く関わってきます。
ちなみに、雇用統計(NFP)予想18万人のところ、結果がこれよりも良ければドル円上昇、悪ければ下落します。

そして、重要なのは雇用統計の結果がビットコインにどのような影響を与えるのかです。

シナリオの一つとして以下が考えられます。

アメリカ雇用統計が予想よりも良い結果(ex.非農業部門20万人増)

9月20、21日のFOMCでアメリカが利上げに踏み切る(0.25ポイント)

中国で元を売ってドルを買う動き

中国元安が進み、中国経済に悪影響(外資企業の資金調達コストが上昇)

キャピタルフライト(資本逃避)が起き、ビットコインを買う動き

ビットコイン上昇

逆に、雇用統計の結果が悪いと、9月利上げさらには年内利上げも見送り、ドル円は再び100円を割れるおそれもあります。そうなるとビットコインの硬直は長引く、あるいは下落するかもしれません。

現在、「9月利上げ」の確率はある外資系銀行予想で40%といったところです。
確率が高まったとはいえ、マーケットはまだまだ「9月利上げ」に対して疑心暗鬼です。

もはやビットコインも通貨である以上、こういったFXの流れも押さえておくことは重要です。

今週の見通しは?

長期的にはロング(買い)でスタンスの変更はありません。

目下のサポートラインは、ビットフィネックス問題で大きく下げた48,000円です。
bitcoin_2_0829

ヒゲでつけただけなのでこの水準まであっさり下げることはあまり考えられません。

実は去年の8月も大きく下げて20,000円をヒゲでつけたあと、相場がしばらく硬直し、そしてその後に上昇をしていった場面があります。

bitcoin_3_0829

上昇過程ではこういった相場が硬直し、エネルギーを溜める場面がしばしば見られます。
その後は大きくどちらかに動き出すのですが、ビットコイン円は上昇に分があると見ています。

あまり動きが少ない今こそ安心して買える場面だと考えています。

この膠着相場、いつ終わりを遂げるのか分かりません。
動き出したら再び大きく動くことが考えられるので十分注意して下さい。

では、今週もトレード頑張りましょう。

【執筆者】 国府勇太(Yuta Kokubu)
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。
現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。

【免責事項】当サイトで提供しているビットコインの相場情報等のコンテンツは、執筆者の個人的見解に過ぎず、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社がその内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、かかる情報は、参考となる情報の提供を目的としたものにすぎず、仮想通貨に関して、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、執筆者、ワイジェイFX株式会社及び当社は責任を負いません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で